意外と知られていないハイヤーにまつわることについて

タクシーに比べるとハイヤーについて幅広く認知されていないように感じます。それは、ハイヤーの台数そのものがタクシーと比べるとかなり少なく、街中で見かけることが少ないからかもしれません。ハイヤーを街中で見ることがあるとすれば、それはお客様を乗せて走っている場合と、ホテルやパーティー会場などで停車している場合がほとんどでしょう。お客様を待たれているハイヤーを見ると、乗務員はどのような人なのかがわかります。注意して見ていると、乗務員はお客様を乗せる前から万全の状態であるように、車両のチェックをしたり、何かの資料をチェックしていたり仕事をされていました。乗務員の仕事はお客様をもてなさなければならないため、細やかなサービスが必要です。乗務員の力量が問われている場合もあるため、そのときにできる最高のパフォーマンスをしていくことが必要です。

ハイヤーについては分からないことばかりです。ハイヤーの乗務員はどのような資格を持っているのか、どのようなタイプの人が向いているのかは、これからハイヤーの乗務員になることを検討している人にとって気になることです。基本的に会社には研修もあれば、マニュアルもありますが、差が出る点はどれだけお客様の気持ちに寄り添ったサービスができるかにかかわってきます。また、お客様がどのようなタイプなのかを見抜く洞察力も必要。場合によってはその日初めて会ったお客様であっても、会話の流れなどからだいたいのタイプが分かってくると、サービスの提供に差が出るはずです。どうしてこのようなことが必要かというと、お客様にとっては必要なこと以外は話しかけて欲しくないという人がいる一方で、沈黙のままで運転だけされているのが苦手だったり、せっかくの機会なので少し会話を楽しみたいという思いがあったりするからです。さっき初めて会ったようなお客様に対して小さなヒントを手掛かりにどのような人物か見抜くのは難しいものです。判断が難しい場合は、何気なく話しかけてみたときの反応をもとにして判断してもいいでしょう。

ハイヤーを依頼する人が増え続けている理由については、一度利用してみてリピートする人が多いからです。費用面では決して安価ではないため、利用するとお金には変えられない何かがあるからです。移動時間くらいは周りを気にせずにリラックスして過ごしたい、公共交通機関は利用しにくい場合があるでしょう。また、確実に座ることもできますし、座ってみるとシート部分が心地よく、これまで座ったどの椅子よりも気持ちがいいと答える人もいます。長距離乗車していても、体への影響が少なく疲れにくいことは確かなようです。高級車は見た目だけではなく、このように見えにくい部分もしっかり考えられています。安全面でもそのような傾向があり、ボディそのものが一般的な車両と比べて丈夫に出來ています。仮に、走行中に貰い事故をしても、車両のボディが丈夫であるため衝撃を吸収してくれるのです。車両として選ばれている車種は日本産の車両ばかりではなく、外国産の車両もあります。ハイヤー会社内で信頼できる高級車を選んでいますが、どの会社を見てもだいたい同じような車種が選ばれています。

ハイヤー乗務員の業務内容は多岐に渡っているので、料金も一概にはいえません。ひとつだけいえることは選ぶ車種と利用時間、どのようなサービスを利用するかで変わってくることです。車両と乗務員がセットになって、レンタルできるようなシステムなので、車両に乗る人数が増えたからといって見積もり額は変わりません。車両それぞれに定員があるため、事前にチェックして車両選びに無駄が生じないようにしましょう。また、車両は完全予約制を導入しているので、利用することが分かった場合は早めに予約をして車両を押さえておいた方がよさそうです。

NEW TOPICS

2021年06月23日
ホームページを更新しました。