ハイヤー乗務員の研修とは

最高級のサービスを提供してくれるハイヤーサービス、乗務員はどのような研修を受けているのか知っていますか。会社によって差がありますが、研修は大きく分けて2つあります。ひとつは座学にて学ぶものであり、もうひとつは実践的なものに分かれます。実践的なものというのは、車の運転技術を身に着けるためには必要なものです。社外に委託し、研修専門のインストラクターによる運転技術の向上や安全に配慮した運転技術を磨きます。お客様を車に乗せるときは、あらゆる天候のときがあり、どのような場合でもお客様が不安になるような運転であってはいけません。常に同じレベルで安定した運転技術が必要であり、いざというときの判断や対処法も身につけなければなりません。

また、運転で気を付けたいのは事故でしょう。もらい事故を起こしてしまうことは避けられないこともありますが、こちらが原因となるような事故を起こさないようにしなければなりません。定期的に行われる安全運転講習会についても、社外の人物に研修を依頼しています。事故発生に関する考え方は個人差があり、危険な状態の予測ができなければなりません。そのためには、危険予知能力を高め、ひやりとする場面をできる限りなくすことが必要です。

新卒でハイヤー乗務員として採用され、各種研修を受けて独り立ちしてからも、先輩乗務員が同乗することがあります。研修では先輩乗務員に質問もできますし、あやふやな部分について指摘されることもあるでしょう。しかし、この機会はとても重要であり、間違ったままの状態で経験を積んでいかないためにも必要な研修となっています。とくに、東京近郊の地理も把握しておかなければなりません。すべてをナビ任せにするわけにもいきませんし、プロとしての資質に疑問を持たれてしまうからです。

もし事故を起こしてしまった場合は、その原因をはっきりさせ、今度事故を防止するために役立てます。事故を起こしてしまうことは精神的に負担となり、ストレスにつながってしまいます。このようなときは仕事に集中ができなくなり、再び事故を起こしてしまう可能性もあるため、研修にて事故防止や危険防止のアドバイスを専門家よりいただきます。ハイヤーの乗務員という仕事そのものが、お客様をもてなすことと同時に命を預かっている仕事でもあるため、大変重要な研修です。あらゆる研修が定期的に行われており、それらの研修は会社内で済ませるのではなく、基本的に社外に委託していることからも、ハイヤー会社が研修に力を入れていることが理解できるでしょう。